個人輸入代行アビーロードは、世界のサプリメント・バイアグラ レビトラ シアリスなどED医薬品を適正価格でお届けいたしましす。

世界のサプリメント・医薬品を適正価格でお届けいたします。

今月の主な発送国の祝祭日


◎2022年10月の現地休日のお知らせです。発送は翌営業日になります。

香港便 : 10月4日
シンガポール便 : 10月4日、24日
インド便 : 10月5日、24日
アメリカ便 : 10月10日

◎2022年9月の現地休日のお知らせです。発送は翌営業日になります。

香港便 : 9月12日
シンガポール便 : 9月12日
インド便 : なし
アメリカ便 : 9月5日

※現地や日本の連休前後は、通関が遅れる事がございます。
※新型コロナウィルスの影響により日本へのフライトが減便の為、荷物が遅延しております。

商品を検索してご注文

【商品を検索してご注文】 【メールフォームでご注文

■商品を検索してご注文

ご希望商品を入力して検索ボタンを押してください。
(全角カタカナ、半角英数のみ検索できます)

ご希望商品 入力

ANDOR

※薬機法(旧・薬事法)により、製造方法、効能、効果又は性能に関する表示は禁止されております。

※薬品、医薬部外品、化粧品は、薬事法等に定める数量を越えて一度に輸入することはできません。医薬品・医薬部外品は、用法用量からみて2ヶ月分、ただし毒薬、劇薬または処方せん薬はは1ヶ月分となります。

また、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、他の人に売ったり、譲ったりすることは認められません。

アビーロードの個人輸入代行

[アビーロードは] 製薬メーカー及び医薬品取扱ライセンスを所持しているサプライヤーからのみ商品仕入れを行い医薬品全ての取引において個別に輸出入許可を取得し、偽物が入り込めない正規の商取引を行っている信頼できる現地業者より日本の法律に基づいた輸入代行手続き致します。

厚生労働省医薬安全局安全対策課は「未承認薬の安易な個人輸入に対し注意を喚起したい」としています。

日本で承認されている医薬品は、必ず医療機関を受診し医師の処方により正しく服用するようにしてください。

海外医薬品をご希望される場合は、あらかじめ医師にご相談されるなど、商品の効能や危険性・必要性を熟知し、「個人輸入の注意事項」を同意された上で、ご自身の責任にてお申し込み下さい。

現在各国の平均到着日数

※現在新型コロナウイルスの影響で、お届けに時間がかかっております。
米国発送
航空便8日:ペリカン便9日
香港発送
EMS便10日:RGT便16日
インド発送
EMS便9日:RGT便14日
シンガポール発送
RGT便16日

安心スピード発送

● アビーロードの商品価格は、送料・代行手数料・消費税を全て含んています。

●医薬品は全て衛生署及び税関の管理下におかれ、その入出庫は常時厳しく監視されます。昨今問題になっている偽造品が入り込む事がありません。

●秘密厳守です。全ての商品を他人に解らないように配送してます。

●発送完了後に荷物追跡番号をお知らせしますので、荷物追跡番号調査システムで発送状況を確認出来ます。商品により郵便局留も可能ですのでご注文の際にお申し付けください。

もっとお客様を大切にしたい

アビーロードではリピーター割り引き制度がございます。2回目以降のお客様には現在表示の価格からさらに割り引きとなります。初回のご注文のお届け後にご案内のメールを差し上げております。アビーロードからのメールは必ずご覧下さい。

※アビーロードでは、メールマガジンやその他、ダイレクトメールなどは一切お送りしておりません。ご安心ください。

インドのジェネリック医薬品について

インドには、約2万社もの医薬品メーカーがあります。その中には新薬開発を手掛けるメーカーもあれば、欧米で開発された新薬を元にしてジェネリック医薬品の開発を行うメーカーもたくさんあります。

インドは、医薬品の輸出では世界的に知られており、年間の輸出額は1兆円超です。その中でもジェネリック医薬品の輸出に関しては、生産高において世界一を誇っているほどです。つまり、ジェネリック医薬品をインドから個人輸入することは、決して珍しいことではありません。むしろ、欧米諸国から輸入するよりもリーズナブルという点で、賢い選択です。

インドはまた、ジェネリック医薬品の販売開始が欧米よりも早いという魅力があります。これは、インドは成分特許を認めていないためです。欧米のように、成分特許期間が切れるまで待つ必要がないため、早期にジェネリック医薬品の販売ができます。この点もまた、インドジェネリック医薬品が人気の理由です。

個人輸入代行業者の選び方

インドには、国内で製造された医薬品を海外への輸出する業務を行っている業者がたくさんあります。医薬品の輸出業務に関して正規のライセンスを取得している信頼できるメーカーもたくさんあります。海外輸入代行を利用する際には、そうした正規ライセンスを持っている業者を利用するのが安心です。

インドからの医薬品個人輸入代行は、欧米からの個人輸入と比較すると、品質が高くて激安という魅力があります。その理由は、インドは欧米諸国と比較して物価が低く、インドのジェネリック医薬品についてかかるコストも欧米より安価だからです。どの業者に個人輸入代行を依頼するかによって、安かろう悪かろうにはならないので安心しましょう。

業者を選ぶ際にはこんな点をチェックしたい

インドに限らず海外からの医薬品個人輸入代行においては、ネットを使って自宅に居ながら気軽に購入できるという魅力があります。しかし、実際に医薬品を発送するのはアメリカ・インド・香港等からなので、輸送に時間がかかりますし、輸入の際には税関も通らなければいけません。少しでも早く手元に届けてもらうためには、注文してから素早く発送してくれる業者を選びたいものです。その際には、追跡番号なども発行してくれる業者を選ぶのが安心です。

送料についても要チェックです。海外発送となると、軽量でコンパクトな医薬品でも、送料が高くなってしまうリスクがあります。しかしインド・その他からの個人輸入代行業者の中には、一定金額以上の利用なら送料を無料にしてくれるというサービスをしている所もたくさんあります。ぜひそうした業者を選んで、できるだけリーズナブルに購入したいものです。アビーロードは送料無料です。

医薬品の個人輸入代行のデメリット

医薬品の個人輸入代行では、メリットだけでなくデメリットもある点を理解しなければいけません。

知っておきたい1つ目のデメリットは、品質に関しては自己責任という点が挙げられるでしょう。日本人が多く利用していて信頼できる医薬品の個人輸入代行なら、品質の点は安心できますが、そうでない場合には医薬品の品質という点は不安材料となってしまうかもしれません。

2つ目のデメリットは、注文してから手元に届くまでに数日間の日数がかかるという点です。薬局に行ってその場でもらえるわけではありません。コロナ禍の国際輸送や税関の混雑状況によっては、想像以上に時間がかかってしまうリスクはあります。

個人輸入の注意することは?

医薬品の個人輸入代行を利用する際には、業者の選び方には注意が必要です。一度にまとまった金額以上の医薬品を購入すると、輸入の際には関税がかかります。その辺のノウハウを知っている業者なら、関税がかからないように小分けにして発送してくれるなどの配慮をしてもらえるので安心です。

また、外箱から中の内容が見えないような配慮をしてくれる業者を選ぶことも大切です。何を買ったのか外箱に明記されていると、同居している家族やマンションの管理人などにバレてしまいます。

アビーロードでは、具体的な薬の名前ではなく、「医薬品」のようにザックリとした表記をしています。

アビーロードからお知らせ

Copyright(c) 2022 個人輸入代行アビーロードショップ All Rights Reserved.